信長のライバルたち記事一覧

 戦国期には、織田信長・上杉謙信・北条氏康・毛利元就などいった数多の英雄が各地方に勢力を誇っていました。その群雄の中でも、甲信地方に一大勢力となった『武田信玄』は特に天下に名を馳せた英雄であり、信長、徳川家康といった天下の覇者にも畏怖されました。 信玄は、我の強い自身の家臣団を生涯をかけ苦心して1つにまとめ上げ、合戦場では大将・信玄が号令の下、軍勢が一体となって組織的かつ有効的に動ける天下一の最強...

以前の別記事では、戦国随一の名将である甲斐国(現:山梨県)の武田信玄が拠った山間地の領国で味わった「地の不利」について紹介させて頂きましたが、今回は信玄と双璧を成し、信玄と名勝負・川中島の戦いで激闘を繰り返した越後国(現:新潟県)の『「上杉謙信」が味わった不利』について紹介させて頂きたいと思います。 先述のように信玄は「地の不利」を生涯を通して味わった苦渋でしたが、謙信の場合は、日本海航路の要衝で...

 カテゴリ・織田信長の経済戦略内の記事で、信長が長篠設楽原の戦い(1575年)で、戦国期に最強と謳われた甲斐武田氏の軍勢に勝利できた理由を、一般的に知られている「鉄砲戦法」、そして「陣城戦法(拠点防衛方式)」であった、ということを紹介させて頂きましたが、今回はその敗者となった甲斐武田軍の大将・武田勝頼は、父・信玄が遺した天下一の精強軍・武田軍(甲州軍団)を率いらがらも長篠設楽原で大敗北を喫し、その...